一生に一度は輝きたかった




aくらげ

「みんなこれまで迷った事があるだろう」
「当たり前だ、人生はそればかりよ」
「そうだな、水中で揺れ動くクラゲみたいだ」
「クラゲかよー、確かにいつもフラフラしてるからなー」
「しかし頼りないクラゲでも時には発光するのだ」
「ふむふむ、それでそれで」
「甘んじてクラゲをやつていたわしの栄光の歩みは始まった」
「へえー・・・若い時のことだな」
「いよいよわしの秘めた才能が爆発したのだ」
「何をやらかしたのだ? 気になるなー」
「ベンチャー企業を立ち上げ・・・」
「おーかっこいー」
「豊川商事よ。聞いたことがあるだろう」
「あれは豊田商事だろう、マルチ商法の」
「それで何千億の金を集めたのだぞ。もっと尊敬しろ」
「そんなお前がどうしてここにいる」
「やはりそこを突くか・・・だんだんホラが通じなくなったな」
「生涯金に縁の無いお前だからすぐ分かるさ」
「あー、一度くらい輝きたかったなー」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンとケイ

Author:シンとケイ
年寄ゴジラへようこそ!
年年歳歳花相似
歳歳年年人不同ということ
で残り時間を有効に
とばかり夫婦揃って好きな
事をして過ごしています。
家内は手芸、リメイク、旅行
私は水彩画、ウォーキング、
自炊.それと
オリジナル小説作成等を
やっています。
どうぞよろしくお願い
いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
オリジナル小説
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR