自立するのだ




a晩秋の川辺

「世の中の移り変わりににわしらはついていけないなー」
「そうよ、何の事か分からない事が多くて目が回るぜ」
「それよ、そんな目が回るような時どうする、諦めるのか」
「いや、そんな流れに身を置かないことだ」
「なるほど、わしらに合った生き方を貫いたらいいんだな」
「そうよ、しかしそれにはわしらは自立せんと駄目だぞ」
「何だと!俺はちゃんと自立しとるぞ。掃除も、ゴミ出しもやっとる」
「わしが見るにお前はまだ甘えとる、子供だ、はなたれだ」
「そこまで云うか!」
「完全に自立するなら飯盒と寝袋を持って家を出るのだ」
「嫌だ!何でそんな事をせにゃならんのだ」
「そうだ、言いだしっぺのお前がやれ」
「駄目か、お前らにやらせて様子をみるつもりだったが」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンとケイ

Author:シンとケイ
年寄ゴジラへようこそ!
年年歳歳花相似
歳歳年年人不同ということ
で残り時間を有効に
とばかり夫婦揃って好きな
事をして過ごしています。
家内は手芸、リメイク、旅行
私は水彩画、ウォーキング、
自炊.それと
オリジナル小説作成等を
やっています。
どうぞよろしくお願い
いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
オリジナル小説
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR