田舎に行くのだ




a田舎に移住

「あー、田舎に行きたいなー」
「行けばいいじゃないか止めはせんぞ」
「違う、田舎暮らしをするってことだ」
「ふーん」
「野あり、山あり、川のせせらぎあり、人情もあつい」
「そうだろうが、お前に田舎の付き合いが出来るのか?」
「そうだ、お前みたいな奴が地域に溶け込めるのか」
「わしはそこら辺は得意なんだ」
「しかし田舎の付き合いは濃いいんだ。地域の行事は
頻繁にあり、それに駆り出される」
「そう、収穫祭、夏、秋の祭り、盆踊り、それに葬式
結婚式にも出るんだぞ」
「どうしてそんなにわしを止めるんだ?」
「お前だけわしらから抜け出そうとするのが許せんのだ」
「・・・・・・・」

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、

定年退職後に田舎生活に憧れる人も少なくないようです。
私は田舎出身ですが、退屈で仕方がないのが実情と、村特有の付き合いが大変ですね。

私も在職中に東京勤務の打診がありましたが、都会にも済みたくないので断りました。

現在の所は都会でもなく、限界集落にもならない中間の街で気に入っております。
半世紀も住んでいると「住めば都」なのかも知れません。

Re: こんにちは、

> 定年退職後に田舎生活に憧れる人も少なくないようです。
> 私は田舎出身ですが、退屈で仕方がないのが実情と、村特有の付き合いが大変ですね。
>
> 私も在職中に東京勤務の打診がありましたが、都会にも済みたくないので断りました。
>
> 現在の所は都会でもなく、限界集落にもならない中間の街で気に入っております。
> 半世紀も住んでいると「住めば都」なのかも知れません。




こんにちは。

高齢化により過疎化が進んで経済的にも社会的にも共同生活が困難な
村や集落が増えていますが、有効な対策がなされてないのですね。

ありがとうございます。
プロフィール

シンとケイ

Author:シンとケイ
年寄ゴジラへようこそ!
年年歳歳花相似
歳歳年年人不同ということ
で残り時間を有効に
とばかり夫婦揃って好きな
事をして過ごしています。
家内は手芸、リメイク、旅行
私は水彩画、ウォーキング、
自炊.それと
オリジナル小説作成等を
やっています。
どうぞよろしくお願い
いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
オリジナル小説
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR